2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
定休日【毎週日曜】
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
定休日【毎週日曜】
 
 
 
 
 
 

刻み夏すぐき漬【無添加】

商品名 : 刻み夏すぐき漬【無添加】

製造元 : 京漬物司 林慎太郎商店

原産地 : 京都市内産

価格 : 648円(税込)

【 化学調味料 不使用 】

数量 :

 【クール便】関西・中部東海・北陸・中四国(1,150円) 関東甲信越・九州(1,250円) 南東北(1,350円) 北東北(1,450)北海道・沖縄(1,920円)

京漬物司 林慎太郎商店 謹製
製造地:衫喊蟻析詐ε 本社製造所 (京都市北区)
内容量 120g 賞味期限 20日間 保存方法 要冷蔵
原材料名 すぐき、漬け原材料【食塩】
原料原産地 すぐき(京都産) アレルゲン特定品目 なし
 

林慎太郎商店がお届けする「夏すぐき漬」のご案内です。
「すぐき」と聞いて冬のお漬物じゃないの?と思われる方がほとんどだと思います。

ほんの50年ほど前までは、すぐきと言えば夏のもの、特に祇園祭のころに食べるものとされていたという説があるそうです。
すぐき漬は冬場に収穫したものを面取りして粗漬し、室(ムロ)に入れて練炭などで室温を上げ、に乳酸発酵させるというのが主流です。当店にても、冬場のすぐきを「極上・すぐき漬」として販売させていただきております。
しかし、その昔「時候漬(ジコウヅケ)」と申しまして、現在のように室に入れずに常温でゆっくりと乳酸発酵させていたと言います。

林慎太郎商店では、いまではほとんど見られなくなった時候漬をなんとか復活させたい、どんな味わいなのかどうしても再現したいと願っておりました所、製法をご存知のお方のご指導を仰ぎながら今夏実現させることができました。冬場のもっとも底冷えする時期に収穫し、自らの手で一樽一樽丹念に漬け込みました。以来半年、じっくりとじっくりと発酵させた夏すぐき。

今年の製造は試験的ではありましたが、しっかりと漬け込みができましたのでこの上なく良い出来上がりとなりました。
冬場のすぐき漬の繊細な酸味とは異なる、太く香り高い酸味を是非ご賞味くださいませ。


ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
名前 内容 評点 日付
p was my f 基本的にどれでもおいしい 2018/08/18
吉田 すっぱさと香りのとりこになりました 2018/07/24

ページトップへ