2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
定休日【毎週日曜】
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日【毎週日曜】
 
 
 
 
 
 
 

秋茄子ぬか漬【無添加】

商品名 : 秋茄子ぬか漬【無添加】

製造元 : 京漬物司 林慎太郎商店

原産地 : 国産

価格 : 432円(税込)

【 化学調味料 不使用 】

数量 :

 【クール便】関西・中部東海・北陸・中四国(950円) 関東甲信越・九州(1,050円) 南東北(1,150円) 北東北(1,250)北海道・沖縄(1,920円)

税込価格 ¥432・本体価格 ¥400
京漬物司 林慎太郎商店 謹製
製造地:衫喊蟻析詐ε 本店製造所(京都市北区)
内容量 2本 賞味期限 5日間 保存方法 要冷蔵
原材料名 茄子、漬け原材料(米ぬか、食塩)
原料原産地名 国産 アレルゲン特定品目 なし


秋限定のおつけもの「秋茄子ぬか漬」。

秋ナスは嫁に喰わすなと申します。
何故この言葉が生まれたかについては、所説様々あるようでございます。
その一つに、秋の茄子は種が少なく外皮も柔らかく秋雨で水分をたくさん蓄えることから大変美味であるとされ、他家から来た嫁に食べさせるのはもったいないという説もあるようです。

京漬物司 林慎太郎商店では商売柄、一年を通してお茄子を見ておりますが特に秋の千両茄子は実がずっしりと重く柔らかいことから九月末までの期間を定めて、しっとりとぬか漬に仕上げております。
化学調味料(アミノ酸等)は使わずに乳酸発酵の上品な酸味をまとわせ、茄子の水分を損なわないようにしっとりとした仕上がりになるよう心がけております。

また、当店の製造所の中でも限られた数人の職人が茄子をひとつひとつ手揉みで塩揉みし、塩分を極力控えめにすることも大切にしていることの一つです。

茄子ぬか漬のためだけに特別にこしらえる専用のぬか床は、通常のぬか床よりも強めに熟成発酵させ、水気を多めに加えて混ぜ込み熟成させたあと、冷蔵室でしっかりと冷やして2日休ませてから使います。
このぬか床も茄子の持つ色素アントシアニンがぬか床に流れ出して紫に染まりますと漬け上がりの苦味の原因にもなりますので、このぬか床も1度漬け込みに使うと再度使用することはありません。

秋の夜長に「秋茄子ぬか漬」とビールなどはいかがでしょうか。
お召し上がりの際はちょっと贅沢に一手間かけて、擦りおろした土生姜を少し溶かした生姜醤油でどうぞ。


※みょうばん不使用。
当店は、「我が子に食べさせられないお漬物はつくらない」と決めておりますので、色止め剤としてミョウバンは使わずに漬け込みをしております。
ミョウバンに含まれるアルミニウムの毒性が解決されない以上、使用するわけにはいかないという考えです。
従来ミョウバンや硫酸鉄で紫色素を沈着させるのですが、当店ではこれを施しませんので、一般的な市販の茄子ぬか漬よりも外皮が茶色くなっております。これはナスの色素であるアントシアニン(ナスニン)が糠に流出した為で、これが本来の水茄子をぬか漬した時の姿とも言えようかと思います。食感・味覚など品質には全く問題ございませんので安心してお召し上がり下さい。

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ