2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
定休日【毎週土曜・日曜】
年始休業
2021年 02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
定休日【毎週土曜・日曜】
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 
 
 
 
 
 
 

極上・すぐき漬【無添加】

商品名 : 極上・すぐき漬【無添加】

製造元 : 京漬物司 林慎太郎商店

原産地 : クール便

価格 : 1,248円(税込)

【 化学調味料 不使用 】

数量 :

※化学調味料(アミノ酸等)不使用

税込価格 ¥1,248・本体価格 ¥1,155
京漬物司 林慎太郎商店 謹製
製造地:衫喊蟻析詐ε 本店製造所(京都市)
内容量 350g 賞味期限 10日間 保存方法 要冷蔵
原材料名 すぐき、漬け原材料(食塩)
原料原産地 国内産 アレルゲン特定品目 なし


千枚漬と並ぶ冬の京都のお漬物と言えば上賀茂の「すぐき漬」です。

京・上賀茂固有の酸茎菜(すぐきな)と呼ばれるカブラの一種を塩漬し、乳酸発酵させた伝統的な御漬物です。

その起源は織豊期・安土桃山時代にまで遡り、上賀茂神社の社家(神社にお仕えする氏族)の間で守り伝えられてきたと言われています。

京漬物司 林慎太郎商店の「極上・すぐき漬」は地元上賀茂だから揃えられる、まるまると太った大ぶりの丸すぐきのみを使用し、職人の丁寧な仕事で面取りを施して、お塩以外の添加物を使用しない昔ながらの製造法です。

すぐき漬は、「天秤押し」というテコの原理を利用した独特な製法で知られておりますが、じっくりと時間をかけて塩漬を2度重ねて乳酸発酵させます。

「すぐき」は、塩加減・重石加減・室(ムロ)加減の3つの加減で味わいが大きく変わります。塩をじんわりと馴染ませ、発酵をゆっくり進ませることで他所さんにはない重厚で深い味わいと上品な酸味が醸成されるのです。

当店では最高のすぐき漬をお届けしたいとの一念より、真空パック及び加熱殺菌処理を一切しておりません。すぐきの美しい生成り色、樽出しの味わいをお愉しみ下さい。重石を外した時が最も美味しいものです。どうぞお早目にお召し上がり下さいませ。


当店がおすすめする美味しいお召し上がり方は、カブはとにかく大きく葉茎は細かく切ることです。
まずサッと水洗いして、葉茎とかぶを切り分けて下さい。
かぶはタテ半分に切り、それを大きく賽の目型に切ります。
大きければ大きいほど食感風味が増します。
お好みにより醤油を少々、七味も風味が増します。
ご飯との相性はもちろん、酒の肴にもぴったりです。

※価格は350g相当になります。(100gあたり330円)

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
名前 内容 評点 日付
gotti 林さんのすぐきづけ心待ちにしていました 早速注文させても... 2018/12/14

ページトップへ