2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
定休日【毎週土曜・日曜】
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日(毎週土日)
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 
 
 
 
 
 
 

平安時代からのしば漬 建礼門院【無添加】

商品名 : 平安時代からのしば漬 建礼門院【無添加】

製造元 : 京漬物司 林慎太郎商店

原産地 : 国内産

価格 : 540円(税込)

#化学調味料 不使用 #NO MSG

数量 : 今季仕込み分、完売いたしました。

赤しそ畑
※化学調味料(アミノ酸等)不使用

税込価格 ¥540・本体価格 ¥500
京漬物司 林慎太郎商店 謹製
製造地:衫喊蟻析詐ε 本店製造所(京都市)
内容量 90g 賞味期限 75日間 保存方法 冷暗所保存
原材料名 茄子、しそ、漬け原材料(食塩)
原料原産地 国内産 アレルゲン特定品目 なし


京の伝統製法を守り、四季のうつろいと心を木樽に漬け続けている林慎太郎商店。

こちらは無添加・乳酸発酵の復刻版
【 平安時代からのしば漬 】です。

読みにくい名のお漬物ですが「建礼門院(けんれいもんいん)」とは、しば漬に深い関わりをもつ実在した御人の名前でございます。
平清盛公の御娘子で御名を徳子さまと申され、時の天皇であられた高倉帝の中宮となって安徳天皇をお生みになるなど平家隆盛の一翼を担われたお方で、
壇ノ浦にて平家が滅亡する動乱の中で御身も入水せんとされますが徳子さんは救い出され、京都の大原寂光院にて壇ノ浦に沈んだ平家一門と安徳天皇の菩提を弔いながら隠棲されたという実在のお方のことでございます。

この建礼門院徳子さんを慰めようとして、大原の里の民が地でとれた野菜を特産の赤シソと塩で漬け込んだ塩漬を差し上げたことが「しば漬」の起源だそうでございます。
京漬物司 林慎太郎商店では往時の製法を可能な限り再現して仕込んでおります。この故事をより多くの方に知っていただきたいとの思いを込めて品物の名を「建礼門院」と呼んでいただいております。

製法は可能な限り素朴に、原材料もとにかくシンプルに。夏場の茄子とシソ、これをお塩で漬け込み、何ら味付けをすることなくじっくりと時間と重石をかけて乳酸発酵させたお漬物です。当然ながら化学調味料・酸味料・保存料を使用しておりませんので、開封後はなるべく早くお召し上がりいただければ幸いです。お好みで醤油を少したらしていただくと、風味も増してさらに美味しくなります。

平安時代からのしば漬「建礼門院」。
中世源平の御世に思いを馳せて味わうのもまた一興ではないでしょうか

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
ニックネーム 内容 評点 日付
huriuji 酸味と香りがお気に入りです。リピ必至です 2016/05/05
佐藤 もうやみつきです。京都へ行ったらお店にも伺いたいです。 2014/10/27
mi-99456+ ご主人に教えていただいたとおりおしょうゆで食べるととって... 2014/10/01
kkfukui これはうまい!!!!!!! 2014/06/12
佐藤 ほんとうに美味しかったです ありがとうございました 2013/05/01

ページトップへ