2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
定休日(毎週土日)
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
定休日(毎週土日)
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 
 
 
 
 
 
 
 
会社紹介
 
〜 主人 慎太郎より ご挨拶 〜

此の度は私どものHPへお越しいただき厚く御礼申し上げます。

私どもは「わが子にも食べさせられるお漬物づくり」をものづくりの柱とした、
手造り京漬物の製造販売元でございます。

「自分の子どもに食べさせるんやから!」と
化学調味料や食品添加物は使わず
出処確かなお野菜と吟味したお塩・お酢・お醤油・お砂糖・みりんを使って
ちょぼちょぼとお漬物づくりをしておりましたら、
誠に有難いことに地元京都のお客さまが大変面白がってくださり、
何かモゴモゴ言うてるみたいやからあいつの所で買ってやろうと
少しづつご愛顧をいただけるようになりました。


創業は2012年の5月でございました。
その少しまえから京都のお土産物店さんでアルバイトをしていた私は、
3.11の震災直後に東京へ催事に伺ったことを契機に
責任を負える生き方をしなければならないと一念発起して
先に記しました「我が子にも食べさせられるお漬物づくり」をコンセプトに
京漬物の製造元を創業しました。
とは言え、漬物製造の経験もノウハウもなく右も左もわからない男が
何の苦労もなく一人前にお店など持てようはずがございません。
一から勉強するしかないと資料館で本を読み込み、
戻って本から得た知識を実践することを繰り返していた毎日でした。

七転八倒の末にちょっと品物らしきものがつくれるようになりましても
化学調味料の味に慣れた方からすると淡白すぎて味をわかっていただけない、
酸化防止剤を入れないとどうしても色味が冴えなくて日持ちがしないことなど、
課題は山積、悩みは尽きませんでした。

捨てる神あれば拾う神あり、
そんな暗闇に光明が差して参ります。

無理に美味しいと言わせようとして化学調味料(味の素)が濫用されている、
無理に綺麗に見せたいがために食品添加物が使われている。
化学調味料や食品添加物など、作り手に都合の良いものを使うと不味くなってしまう。

もともと昔ながらのお漬物は美味しくなるようにできているのです。
だから、昔の人が確立された製法で素直にそのままつくればいいのだと悟ったのです。

めぐりめぐって作り手の心が品物にうつるのだと知ってから、
全身全霊をかけてものづくりに打ち込むことができ、
お漬物づくりが本当に楽しくなりました。

京つけものの世界はもちろん技能ですから完成はありません。
今やお漬物は嗜好品です。ゆえに奥が深いのも事実です。
これでいいはずがない、もっとお客さんに喜んでもらえるにはどうしたらいいか、毎日考え続けております。
品物の出来などは、納得の行かないことの方が多いです。
これで大丈夫と確信したことが次の日には違うなんてことは日常です。
これも人生だと思っております。
まっすぐではありましたが、あまり賢くない私をお客さまが育てて下さいました。
少しでもご恩返しができるように、身体が動かなくなるまで取り組んで参りたいと思っております。






☆ご掲載いただきました。感謝申し上げます。☆


KBS京都 「谷口流々」2022年4月16日 放送分にて当店主人林慎太郎が出演させていただきました。
生い立ちから創業の経緯、松ヶ崎漬について、今後の目標など大変丁寧に取材していただきました。
谷口流々HPはコチラ

「あまから手帖 2020.8月号「林慎太郎商店に聞く 今日から始めるぬか漬」内にて当店の生ぬか床をご取材・掲載いただきました。
慎太郎の生ぬか床のお求めはコチラ

集英社さま 「MORE 2019.6月号 ご当地OLがおすすめ!47都道府県お土産図鑑」にて、 京都のお土産として志津屋さんに並んで当店の柚子だいこんと春のきゃべつ漬をご掲載いただきました
柚子だいこんはコチラ 

クリエテ関西さま 「あまから手帖 決定版 京都の手みやげ いいもの見つかる厳選の123軒(2019.3.18刊)」内、
<辛党のための逸品>にて京の千枚漬を<麗しの京みやげ>にて松ヶ崎漬をご掲載いただきました

JR東海さま 「そうだ京都、行こう。」HP内“どぼ漬ってなんだろう”旬の京漬物を求めて にて当店のものづくりをご取材いただきました
そうだ京都行こうの特集ページへ

クリエテ関西さま 「あまから手帖2018.4月号<麗しの京みやげ>」にて、松ヶ崎漬(花菜漬)と当店主人のお漬物づくりへの想いや考え方をお取り上げいただきました。

マガジンハウス社さま 「&Plemium2017.9月号」にてご掲載いただきました

関西テレビさま 「よ〜いドン!本日のオススメ3」のコーナー内で放映していただきました

京阪神エルマガジン社さま 「3度目以上の京都旅に エコトリップ京都」にご掲載いただきました

京阪神エルマガジン社さま 「SAVVY 2015.9月号」にご掲載いただきました

クリエテ関西さま 「あまから手帖2015.2月号 関西の銘品傑作選」にお選びいただきました

小学館さま 「大人の逸品 心からの贈り物2015夏」にご掲載いただきました

実業之日本社さま 「京のめぐりあい 京都食手帖」にご掲載いただきました

三越伊勢丹さま・NTTdocomoさま 「GOURMET A LA CARTE 美味30選2014」にご掲載いただきました

小学館さま 「大人の逸品 心からの贈り物 特別版 2014夏」にご掲載いただきました

クリエテ関西さま 「あまから手帖 2014.6月号 関西夏の銘品100」にご掲載いただきました

ハースト婦人画報社さま 「婦人画報 2014.1月号」にご掲載いただきました

小学館さま 「大人の逸品 心からの贈り物 2013冬」にご掲載いただきました

Leaf×伊勢丹 おとりおき.netにお取り上げいただきました

ハースト婦人画報社さま 「婦人画報 2013.8月号」にご掲載いただきました

関西テレビさま 「よ〜いドン!となりの人間国宝さん」内で放映していただきました


ページトップへ